webエンジニアってどんなものか考えてみたら、やるべきことがわかったよ!

あらゆる産業がソフトウェアになりつつある時代ですねー。

せっかくだから時代の波に乗りたい!って考えている方も多いのではないでしょうか?

私も、webエンジニアになりたい!って思ってプログラミングの学習を始めました。

しかし、webエンジニアってなんだ!?ってとこがはっきり理解できていなかったので、どの言語学べば良いか正直「???」の状態が続いていました。

これは、間違った道を進みかねないと思って、根本からwebエンジニアというものについて考えてみることにしました。

同じくwebエンジニアを目指す方で、本当にいいの?どんなこと学べばいいの?って悩んでいる方はぜひ、参考にしてみてください!

 

 

エンジニアとは?

f:id:Catherine5thAvenue:20170326170145j:plain

そもそも、エンジニアって何?てとこから考えてみました。

SI業界ではSE(システムエンジニア)とプログラマーと職種を分けて表現されます。

しかし、ネット業界ではエンジニア=プログラマーと考えられているみたいです。

プログラムを書いて、検証するのが仕事ですね(^ ^)

最初は現場でプログラムを書くことから始まって、その後のキャリアは本人の意向によって大きく3つにわかれるよう。

エンジニアスペシャリスト

プログラマーのカリスマみたいな⁉︎😊

できるプログラマーはできないプログラマーの10倍の仕事をするんだとか‼︎

カッコ良すぎでしょー😍

私、ここ目指したいです😤💪

スキルを磨けば、会社の枠を越えてお仕事できるみたいですよ!

開発チームのマネージャー

チームのエースとして活躍しつつ、管理の仕事が増えていき現場から離れます。

マネジメントがメインになっていきます。

企画担当、ディレクター

企画やディレクションがメインとなるキャリアです。

エンジニアの経験を活かして、仕様書を書いたり、開発チームと良好な関係をきづいて事業の成長をマネジメントしていくことが仕事内容となります。

 

 

webエンジニア

f:id:Catherine5thAvenue:20170326170826j:plain

エンジニアの種類はたくさんあります。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバエンジニア 
  • カスタマーエンジニア
  • セールスエンジニア
  • プロジェクトマネージャー
  • アプリエンジニア
  • ゲームプログラマー

 

なぜ、webエンジニア?

4年前にベーチェット病という難病を発症したのをきっかけに、「人生やりたいことをやる」と決めて、web業界に足を踏み入れました。

それまで、インターネットすらろくにやったこともなかったけどww

何も分からずにwebデザイナーになりたい!って目標持ってやってたんですが、のらりくらりとこの業界にいて最近になって気づいたのです!

「デザイナーじゃなくて、プログラムが書きたい...」

現在、HTMLとCSSを少しだけ使ってフロントエンド(エンジニア)っぽいことを仕事として行なっています。(jsともたまに戦います!)

それが楽しい〜✨

もちろん苦しい時もあります。

<div>1個足りないよ〜どこ〜?とか(^∇^;)ハハ…

でも、分かった時の「私、天才(/∇\*)ww』って達成感がたまらなく良い。

今までは、お問合せフォーム作ったりとか、ブログ記事拾うとか、全部コピペでやって済ませてきちゃってたんですけど。

こういうのも、自分でできるようになれば面白いし、仕事の自由度が高くなる、て思うようになってきたんです。

それで、どうもコードとにらめっこしているの嫌いじゃなさそうだし、何より自分で考えて書いたコードがその通りに動くと、めっちゃ嬉しくなるんで仕事にしていきたいと。

 

webエンジニアの種類
  • フロントエンド・エンジニア
  • サーバーサイド(バックエンド)・エンジニア

大きく分けて2つの担当があります。

 

【フロントエンド・エンジニア】

ユーザーが直接目にする、webサイトの画面やアプリの入力画面などを作るのが仕事です。

目に見える部分ということで、デザインの担当をすることも珍しくありません。

使用言語:HTML・css・javascript

 

【サーバーサイド(バックエンド)・エンジニア】

目には見えない裏側の処理を行うプログラムを書くのが仕事です。

例えば、ユーザーがお問合せフォームに名前や生年月日を入力する画面があるとして、入力された情報を受け取り、データベースに登録して紐づいたIDなどから登録情報を返したりするのが、バックエンドの役割なのです!

使用言語:PHPなど

 

 

どんなスキルが必要か?

f:id:Catherine5thAvenue:20170326170401j:plain

webエンジニアには、具体的にどんなスキルが求められるのかまとめてみました!

 

  • HTML
  • CSS
  • PHP
  • JavaScript(jQuery)
  • Ruby
  • MySQL
  • Linux

 

みなさんこの辺りは理解してお仕事されているとのこと。

勉強することがいっぱいです(・ω・ ;)(; ・ω・)

学習する流れとしては、

  1. webページの基礎となるHTML・CSSを習得してサイトを作ってみる
  2. webと親和性が高いPHPやjavascript・Rubyを組み込んで、動きをつけてみる
  3. MySQLを学習して、情報の保存をできるようにする
  4. 公開する

こんな感じ?

実際に習得されている方が身近にいるのであれば、どうスキルアップしたのか聞いてみるのが良いかと思いますo(^_^)o

学習する上で、実際に何か作ってみるっていうのはとてもいいです!

基礎学習ばっかりはつまらなくなるし、自分の思いをカタチにするのって思っている以上に面白いんですよね♩

ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、

それと、思わぬトラブルに遭遇したり、「え?何で?」ってことよく起きるので実践的な学習になります。

 

web系ならWordPress

WordPress自体がPHPで作られているので、PHPの学習にもってこいなのです!

同時にカスタマイズにはHTMLやCSSが必須になるので、とても効率よく学習できると思います。

実際公開しちゃって、ブログを書いてアピール材料にするといいです(((o(*゚▽゚*)o)))

WordPress案件は結構多いので、実務でも役立つこと間違いないです!

WordPress × Rubyの組み合わせは、強いものがあるみたいですし✨

独立を将来考えるのであれば、Rubyは習得するべきだとか!!

 

 

どう学ぶか

f:id:Catherine5thAvenue:20170326170934j:plain

では、どうやって学習するのか?

ありがたいことに、iPhoneやiPadがあれば、どこでも気軽に学習できる時代になりました!

私は平日は電車の中で学習することがほとんどです。

オンラインツールで学習するのも、わからないことをググるのも、なんだってできちゃうので効率がいいです。

iPadサイコー(/∇\*)

もし、今後参考書的なものを購入するなら絶対に電子版!

重たくないから、いつでも持ち運べますww

気軽にいつでも、学習できる環境を整えるのはとっても大切だと思います。

 

 

 

 

アウトプットしまくる

いろいろ勉強して、とにかく何かカタチにする。

これが一番良い学習だと思うし、ノンキャリアの自分をアピールするいい材料になるかと思います。

雇用する側(仕事をくれる人)も、判断しやすいです。

資格を取得するのもいいと思いますが、私はその時間を使ってサイトを作ったり、プロジェクトに関わったりできたらいいな、と。

そうやってブログに書いたり、人に話せることを増やしていきたいです。

また、アウトプットすることで、理解度が深まりスキルの棚卸にもなりますよね。

テキトーなことは書けませんからww

 

 

まとめ

今回、私が目指しているwebエンジニアについて深く掘り下げてみました。

実際にどんな業務内容で、どんな知識が必要なのか見えてきたかと思います。

もし、「やりたかったのこれこれ〜!」って共感できるのであれば、webエンジニアを目標に頑張ってみるのもいいと思います。

漠然と「プログラミング習得」という目標を持つより、はるかに学習意欲も湧いてきますし、何をどうしたら?って悩む時間が減ると思います。

どんな目標を持つにしても、大切なのは

  1. 将来設計を明確にすること
  2. 気軽に効率よく学習すること
  3. アウトプットすること
  4. 経験を積むこと

この4点ではないでしょうか?

そして、実際に始めてみて楽しい♩と思えることじゃないといけません。

私も動き始めたばかりですが、どんどんアウトプットして積極的に自分をアピールしていこうと思います。

未経験 × アラサーの転職は厳しいです。

だからこそ、負けないスキルと自己アピールで攻めていくしかないのです!!

頑張りましょー⭐️

プログラミング学習はなんで挫折しちゃうんだろう?

 今、この記事を読んでいる方はプログラミング挫折中でしょうか?

せっかく身に付けようと、決意したのに辞めてしまうのはもったいないです!

日本だけではなく、世界中でプログラマーが不足している世の中で、需要はめっちゃありますよ(^^)

ちなみに私も、過去に1度挫折を経験者してます(笑)

人生2回目のチャレンジ。もう失敗したくないのが本音です(^∇^;)ハハ…

なので、挫折した経験を元にどうして挫折しちゃうのか?を考えてみました。

ご自身の性格や現在の状況などを照らし合わせながら、読んでみてください♩

 

 

私、1度挫折しました!

3年くらい前に、1度PHPを習得しようとして、見事に挫折しちゃいました(^◇^;)

その時は、なんとなーくできたらいいなぁ...と思っていた程度だったので、それも良くなかったんですよねー💦

あと、白黒の分厚い参考書!これで勉強したら?と渡されたのですが...

もう何が書かれているか、全然理解できないし、どんどん難しい言葉出てきてググればググるほど、ハマるし。

こんな感じですぐに、「私には才能ないわ!」って諦めたのを思い出します(苦笑)

f:id:Catherine5thAvenue:20170312225212j:plain

 

 

挫折の理由は?

挫折した理由を、整理してみました。

もし、共感できるポイントがあったら危険ですよ(笑)

 

  • プログラミングを習得して、何がしたいのか明確じゃなかった
  • (初期段階で)開発環境が構築できず、コードを1行も書いていない
  • わからない事が誰にも相談できなかった
  • マイペースに時間が空いた時に、(ダラダラ)学習していた
  • 内容量が膨大すぎて、心が折れた

 

プログラミングを習得して、何がしたいのか明確じゃなかった

全く目標がなかったわけではないんですよ。

当時の業務で触れる機会が多かったので、わかれば便利だし作業もスムーズに進むな、って。

すごーく、やんわ〜り、ボワ〜んと思っただけでした(笑)

むしろプログラマーは別にいたので、なんとかなるし。みたいな...

結果、学ぶ理由をなくしていたんですね。

 

(初期段階で)開発環境が構築できず、コードを1行も書いていない

未だによくわかんないんですけど(笑)

環境を準備しないと、何も始められないんですって。

本を読んでチャレンジしましたが、?????←頭の中こんな状態でした。

ここでかなりの時間を消費して、疲れ果てていました。

 

わからない事が誰にも相談できなかった

Google大先生に聞いてみるんですけど、それでも理解できない時とかって結構あったりしませんか?

そういう事態に陥った時、聞ける相手がいるのといないのでは違うと思います。

技術的なところだけではなく、メンタルの面でもとても支えになると思いますよ!

実は、この部分が一番成功に近づける要因なんじゃないかな、と。

 

マイペースに時間が空いた時に、(ダラダラ)学習していた

学生時代もろくに勉強しなかったツケが、回ってきましたよー.・゚・(ノд`)゚・.

勉強の仕方が本当にわからないんですよね。

バカ真面目なんで、細かいことまできっちり理解しようとして、溺れるタイプです。

テスト前だけタイプだったので、テストがないと永遠に頑張りません。

だから、気が向いた時に参考書開いて見るだけ。

これじゃあ、どんなことでも絶対に無理(苦笑)

 

内容量が膨大すぎて、心が折れた

参考書の分厚さからしても、内容量多すぎません?(笑)

これ、どこまで理解必要なの?って参考書を静かに閉じました。

でもここのボーダーライン決めるのって、結局「プログラミングで何をどこのレベルまでやりたいのか」がはっきりしていないと、的を絞れないんだと思います。

f:id:Catherine5thAvenue:20170312225535j:plain

 

 

次こそ挫折しないための解決策

上記の5点が、私の挫折した理由だと思います。

それを踏まえて、今回の再チャレンジはどうしたらうまくいくのか?自分なりの解決策を考えてみました。

 

  • スタート地点とゴールをはっきりさせる
  • まずは何か「カタチ」にして、楽しむ
  • 相談できる環境を作る
  • 学習を習慣化させる、時間を作る
  • 効率よく学べるツールの選択

 

スタート地点とゴールをはっきりさせる

ゴールを決める意味は何となく、わかると思います。

一概にプログラミングを学ぶと言っても、SEになりたいのか、webエンジニアになりたいのか、自社ビジネスで使用しているので、大まかに知っておきたいのか...

そのゴールによって学習範囲や難易度が、変わってきますよね(^^)

スタートとはどういう意味か?

とても、シンプルなんですが今自分はどういう状況にあるのかを明確にする必要があると思うんです。

例えば、私の場合だと高校は文系?で特にプログラミングに触れることは無かったですが、現在Web関連の企業にいて、他部署には開発部があるので、リアルで疑問を解決できる環境にあります。

なので、独学の学習ツールだけでも習得は可能かな?と考えられます。

つまり😊スタート地点の確認は、学習方法決定の目安になります。

 

【学習の目的】

webエンジニアとして、独立したい

【現状】

プログラミングの知識はゼロ

Web関連の企業在籍中で相談できる人がいる

【学習方法】

まずは、オンラインツールを利用して、独学で学ぶ

 

 

まずは何か「カタチ」にして、楽しむ

とにかく、何でもいいから簡単にできるものを作り上げると、達成感を得られると思います。

何と言っても楽しい!(^○^)

自分の書いたコード通りに動くと、もうめっちゃ嬉しくて心の中でガッツポーズします(笑)

小さな事でいいから、この喜びを味わった方が絶対いいです!

よく、「Hello,Worldを表示させるだけのつまらない学習はよくない」みたいな内容を見ますが、実感として始めてすぐの段階であれば、これだけの動作でも嬉しい!って思えますよ( ^ω^ )

長時間かけて苦しんだのに、たった10文字の表示しかできなかったら、誰でもイヤになります(笑)

 

相談できる環境を作る

先ほども記述しましたが、私の中ではプログラミングを学べる環境をどれだけ整えられるかで、習得の具合に差が出ると思います。

簡単なスペルミスでも自分の書いたコードだと気づかないんですよね(íoì)

それで何時間も悩んだっていう経験は、今までたくさんありました(苦笑)

ググって自力で解決するのがイチバン良いことだと思いますが、解決できない時もあるし、間違った情報を拾う事だってありえます。

あれ?って思った時に、アドバイスをもらえる相手はやはり実務を経験している人です。

コーディングもそうなんですけど、問題に遭遇しないとわからない事だらけ。

経験値からくるカンだったり、見え方は最強です(°▽°)★

もちろん、逆引き辞典的に参考書などを利用するのはよいことだと思います。

 

学習を習慣化させる、時間を作る

28歳にて、ようやく気づかされました(苦笑)

空いた時間にやる、ではダメなんです。これだと絶対にやらなくなります。

スタートの時点で、まずは学習時間作りが大切です(^-^)

そして絶対に毎日こなせる時間を決めて、習慣化させます。

プログラミングは毎日触らないと、学習効率がとっても悪い👎

1日触らないと、すぐに忘れますよ〜(笑)

無理な目標は立てずに、少し余裕をもたせて学習計画を立てると良いと思います!

 

効率よく学べるツールの選択

とにかく、無駄を省いて上手にプログラミングを楽しむのが、習得のポイントだと実感しました。

会社の現役プログラマーも言うように、開発環境の構築で挫折する人が多いとわかっているなら、環境の整っているツールを使えばいいです。

難しいと言われるプログラミングですが、ゲームのように楽しく学習できたら、がんばれそうって思えました。

高額なイメージのあるプログラミング学習。無料で始められるツールがたくさんあります!

懸念点をどんどん相殺して、スタートしやすくしちゃえば楽にスタートアップできましたよ〜(^○^)

何を利用して学習するか、ここですでに差ができるのだと思います。

f:id:Catherine5thAvenue:20170312230714j:plain

 

 

オススメの学習ツール

私がオススメされて実際に利用しているのが、Progate(プロゲート)です。

f:id:Catherine5thAvenue:20170318231156j:plain

Progateの特徴は、

  • 開発環境を設定する必要がなく、すぐに始められる
  • とにかく、楽しく学習できる要素が詰まってる
  • 無料〜始められる

prog-8.com

学習の流れはこんな感じです!

  1. イラスト付きのスライドで基礎知識を学ぶ
  2. エディタにコードを実際書く
  3. プレビューして、確認

スライドは本当に見やすいです。文字が少なくて読む気になりました(笑)

とりあえず、ザザザーとスライドを読んで、なんとなーくわかったつもりになったら実際にコードを書いてみます。

一問一答みたいな感じで、進めやすいです。答えがわからなかったら、スライドを見直すこともできるし、答えをカンニングすることもできます!

悩み続けるくらいなら、答えを見ちゃって理解を早くするのも手だと思います(*´∀`*)

ゲームを進める感覚で楽しく学習できたので、プログラムに対する嫌悪感がないですね..☆:.。. ☆゚.+:。ヾ(*≧▽≦)ノ゙☆゚・*:.。. ☆.。.:

 

もし、周りに相談できるようなエンジニアさんなどがいない場合は、TECHACADEMY(テックアカデミー)がオススメだそうです!

こちらのツールのすごいところは、質問ができるチャットサポートがあるんです!

ビデオ通話も可能ということで、テキストでは伝えにくい内容も問題なく解決できます。

一人で悩まなくて済むので、効率よく学習が進められそうです。

無料期間が設けられているので、Progate(プロゲート)と比較してみるのもいいですね!!

 

 

まとめ

どんどん進化する、プログラミング学習。

きっと情うまく利用すれば、一度挫折を経験した人でも習得が可能だと思います。

エンジニアの需要は高まるばかりですし、少しでも興味を持ったのならチャレンジしないのはもったいないです!

挫折するポイントは、それぞれあるかと思いますが、「おもしろくない(-`д-;)」ってところが共通するのではないでしょうか?

私もまだ初めて間もないですが、自分の書いたコードがお題通りに動くともう楽しくて仕方ないんですよ(((o(*゚▽゚*)o)))

無料のツールなら簡単な登録だけ済ませれば、すぐに始められるので、ぜひこの楽しさを多くの人に味わってもらいたいですー★

自分の性格や生活を考えながら、どう学習すると一番効率よく気楽に学べるかを徹底的に分析してみてください。

プログラミング学習で大切にしていることは、

  • 学習の習慣化
  • 環境づくり
  • とにかく楽しむ

難病というハンデがあるため、決してスピードは速くありませんが、諦めることなく習得を目指します。

一緒に頑張りましょうo(^o^)o

人生レベル28!弱みと強みを改めて見直して見えてきた「これが私の生きる道」第二弾

前回の第一弾の記事では、同僚から見た私を中心に改めて自分を見つめ直しました。

 

catherine5thavenue.hatenablog.com

第二弾となる今回の記事は、自分の弱みにフォーカスを当てつつ、具体的にどうこれから生きていくのか?という少しスケールの大きなテーマを考えてみようと思います。

難病を抱えながら生きていくのは、決して楽なことではありません。

だからこそ今、誰よりも真剣に自分の生きる道を考える必要があると思いました!

一度きりの人生を最高にhappyに過ごすために、あなたならどう生きていきますか?

 

 

自分の弱さをポジティブに考えてみた(笑)

人間誰しもウィークポイントはあるでしょ!?ってことで開き直ってみました。

せっかち・短気・すぐ諦める

最悪ですね(爆笑)

でも、これのおかげで結構仕事のスピード感が、早くなっているというところがあります。

知識とスキルを向上させて、いかに効率よくこなせるかを課題にしたいです。

 物覚えが悪い

知識のある方の学習方法を真似て、効率良く学ぶことは善だと考えています。その方が、私の場合挫折する可能性が低くなります😊

ペースは早くないかもしれませんが、好きな事なら「食べること」や「寝ること」と同様に毎日の習慣になるくらい没頭できます。

社交的じゃない・人付き合いが苦手

誰かといることはとても楽しいのですが、長い時間を共有するのは苦手です。

その代わり、一人の時間を過ごすのは好きで、何かに没頭したい時があります。今の仕事もそういう、性格から選びました。

打ち合わせなどで、コミュニティはちゃんとあるけど、作業自体は一人で黙々と専念できます。

そのスタイルがとても働きやすいです😄

今までは、一人の時間をデザインの情報収集にあてていましたがこれからは、プログラミングの勉強をしていこうと思います。

結構テキトー

「ま、いいや〜」「うーん、知らんけど〜」ってよく言うらしいです😅

仕事で細かいところまで気を使って見る分、プライベートはゆるゆるです。

それでバランスとってるってことでOKにしました!(笑)

病気のため、行動が制限される

最近、勉強したくて夜更かしを続けていたら案の定、体調を崩しました(ー_ー;)

私には、動ける時間や容量がかなり厳しめに設定されているようです(笑)

なので、「効率化」を重点に生活するようになりました。

f:id:Catherine5thAvenue:20170226144001p:plain

 

 

強みと弱みを活かしたワーキングスタイル

仕事は私の生きる基盤です。お金のためだけではありません。仕事の内容や働き方に目標があり、地道に目標達成に近づいています。 

実はコンサルを受けているんですが、この先の具体的なプランを提案いただきました!

  • 2017年2月
    ブログでプログラミング系の発信をしながらスキルを高める
  • 2017年5月
    職場で自分のやりたいことができるポジションにつく
  • 2017年8月
    難病患者や収入に困ってる人にプログラミングを教えて月にお金を2万稼ぐ
  • 2018年2月
    スキルを高め、プログラミング系の案件を自分で獲得出来るようになる

まずはプログラミングスキルを身につけ、今より質の高い業務内容をこなそうと思います。

 今の会社はスキルさえ身につけば、自ら手を上げて仕事の幅を広げることができます。

なので、学習したことが実務として反映できるため、どんどん経験が積めるし新たな課題も見つかります。

「人に教える」ということは、全く考えていませんでした。でも、もし人の助けになるのならそんな嬉しいことはありません。

そうなれるように、プログラミングの基礎からしっかり理解しながら習得します!

f:id:Catherine5thAvenue:20170226143501p:plain

 

 

最終目標は、自分で仕事を獲得する

会社員のネックは「時間」です。

ベーチェット病は体調に波があります。元気な時に働いた方が私も楽だし、仕事のパフォーマンスとしても絶対に良いと思うのです。

そして、長時間の労働が難しいため、時間では稼げません。

だからプログラミングという武器を身につけて、自分の市場価値を上げ、「スキル」を購入してもらおうと考えました。

これなら、今努力している「効率化」をさらに極めることで時間単価のUPに繋がります。

目標達成の第一歩として、2017年5月の目標を達成しなければスタート地点に立てません。

そのために、現在行なっているProgate(プロゲート)を使った独学を続け、知識の基盤を作ります。ある程度知識がついてきたら、何かしら実績を作り、会社にアピールしようと思います。

会社で実務に携われれば 、実務レベルのスキルがつきます。

まずは、会社の中で仕事を獲得できるように、がんばります。

決して簡単なことではありませんが、努力するしかありません。努力の大変さより、このまま働きづらさを感じて生きる方がよっぽど大変です。

それは、自己実現につながるので人生の満足感も得られると思います。

f:id:Catherine5thAvenue:20170226143600p:plain

 

 

ベーチェット病を抱えたからこそ

私がここまで一生懸命になれたのは、難病であるベーチェット病になったからです。

症状は軽度ですが、それでも生きづらい。

健康の時と同じ生き方をしていては、潰れてしまう。。でもそれまでの生活を変えることもしたくない。

難病になってからずっと「技術者となって、技術で稼がなければ」と考えていました。

元々中学生の頃に、起業家になろうという夢を持ちました。大人になるにつれて忘れかけていましたが、24歳でベーチェット病になったことがきっかけで「働きやすい環境を訴えるよりも、自分で作ろう」と決めました😊

決して病気になってよかったとは思いません。でも、少なからず抱えている難病が現在の私の原動力になっているのは事実です。

まだまだ私の目標は、スタートしたばかりです。ゆっくりでも自分のできる範囲内でコツコツ頑張るつもりです。

応援宜しくお願いします!

人生レベル28!弱みと強みを改めて見直して見えてきた「これが私の生きる道」第一弾

最近、人から何か褒められたことはありますか?

私はプログラミングを勉強し始めたことを人に話すと、「すごいねー、なかなか今の歳になって新しいこと始めるなんてできないよ」って言われます。

始めただけで何も成果かを残していないのに(笑)

自分では、自分のライフスタイル確立のために一生懸命やっているだけなのですごいことをしている感覚ではないのです。

でも、周りから見たら、すごいことだと評価してもらえます。自分の強みというものがあまり思い浮かばないけど、もしかしたら気づいていないだけかも?と思い、改めて考えてみることにしました。

同時に弱みを見つめることで、じっくり自己分析をしてみようと思います。

25歳の時、生きづらさの壁にぶつかり、33歳を目標に独立することを決めました。

29歳になる今年は、折り返し地点です。28歳の自分を見つめ直し、この先どう生きていくのか、より具体的なプランニングをしていこうと思います!

f:id:Catherine5thAvenue:20170219040950p:plain

弱み

  • せっかち
  • 物覚えが悪い
  • 社交的じゃない
  • 人付き合いが苦手
  • すぐ諦める
  • 短気
  • 結構テキトー
  • 病気のため、行動が制限される

 

 

強み(自己分析)

  • 集中できる時間が長い(好きなことに限る)
  • 好奇心が強い
  • いつも全力投球
  • 目標がある
  • 周りがいい人ばかり

★━━━…‥・ スキル ・‥…━━━☆

  • ほんの少しのコーディング技術
  • ほんの少しのデザインソフトの知識

 

 

強み(同僚から見た私)

周りから私はどう見えてるいるのか、思い切って一番一緒に過ごす時間が長い会社の同僚に聞いて見ました!

ライン見てうるっときちゃいました(*´Д`*)

f:id:Catherine5thAvenue:20170219004143p:plain

f:id:Catherine5thAvenue:20170219004203p:plain

 

 

初めて見えた本当の自分

同僚が教えてくれた、他人から見た自分が結構衝撃的でした。

自分の気持ちに素直、正直

ただのワガママだという認識でした(苦笑)

嫌なことははっきりイヤ!と言ってしまうし、納得できなければわからないことは追求するし、疑問も必ず投げかけます。

大人ってその辺、うまく曖昧にやり過ごすんだろうなぁ...子供っぽいかな?って思っていたので強みと言ってもらえて嬉しかったです。

自分にも他人にも嘘はつけないんです。

向上心があり、勉強家

向上心なのかわかりませんが、「もっとhappyな暮らし」は常に追い求めています。

学生時代は勉強が大嫌いで、ほんと全くやりませんでした!頑張る目的がわからなかったから。

でも今、職業訓練でコーディングやデザイン系ソフトを学んだり、独学でプログラミングを勉強し始めたのは、すべて「happyな暮らし」のための過程だからです。

そして何より、好きだからいつまでも続けられます。

私が頑張れる条件は、

  • 目的が明確
  • 好き(楽しい)

この2点が大きく、影響するようです。

計画性がある(日常生活等)

全く意識していませんでした(; ^ω^)むしろ計画性なんてないと思っています。

結構思いつきで動いてしまうし、その場のノリで「v(・∀・)yeah!」みたいな感じです(笑)

仕事に関しては納期ギリギリに終わらせるのがイヤなので、少し余裕のあるプランを立てますが。

一体何を見てそう感じたのか、改めて聞いて見たいです。

根性がある

チョーーーーーーーー負けず嫌いです!なので、できないと人の何倍も練習したり、努力します。

途中、泣くし、弱音吐きまくるし逃げ出しそうになりますが、ちゃんと戻って最後までやり遂げます。

絶対に投げ出しません。

人に愛される

これも自覚なしです!むしろ、人間関係を築くのはあまり得意じゃない自覚があります。

その分、人との関わり方は丁寧にするようにしているので、成果なのかもしれません。

「愛されない」と思い込んでいましたが、自分が気づいていないだけだったみたいです。

これだけ、自分の思いなどをストレートにぶつけているのに、「愛される」という評価をもらえたのは、大きな強みなのかもしれないです!

自分の意見、趣味、志向が一貫していてぶれない

ただの頑固者にもなりかねませんし、融通が効かないという反面もありそうですが(;゚∀゚)

サイトデザインをしていた時も、(デザイン力は別として)ぶれがないと言われたことがあります。

ゼロから何かを生み出すには、多少必要な要素なのかもしれません。

マメ(メールなど)

特別意識していませんが、よく言われます。大切にしていることは2つです。

  • ありがとうのメールを送る
  • 返信はなる早で

小さなことでも、ありがとう!と送ります。ハートマークいっぱいで(笑)

  • 楽しいランチありがとう!
  • ◯◯って言ってくれたの嬉しかった、ありがとう!
  • そういう考え尊敬する。勉強になったよ、ありがとう!

考えてみれば、私の生活はありがとうで溢れています(*´∀`*)

礼儀を大切にしている

そんなに気遣っているつもりはありませんが、相手に不快な思いはさせないように心がけています。

「親しき中にも礼儀あり」という言葉が好きです。たまにミスもしますが(苦笑)

美意識が高い

人間綺麗なものを見ている方が、絶対快適です。顔はもう変えようがないので...清潔感を保つことをいつも心がけています。

 

 

まとめ

今回は自己分析記事第一弾ということで、性格について考えてみました。他人から見た自分って知らないことばかりでとても新鮮でした!

自信がなく、この人間性がイヤだと思うことも多かったのですが、クセは強いけど、以外に悪いヤツでもないかもしれません(笑)

 はぎのかおりという人間は、

何事も一生懸命で、裏表がなく、一貫性を持っていて、人との繋がりを大切にする人間である

と、まとめて見ました(^○^)

この内容が嘘にならないように、過ごしていきたいし、さらに強みを増やしていけたらいいと思います。

でもやっぱり、何より他力本願が一番の強みだと最近実感しております。

他力本願と言っても、依存するという意味ではなく、一生懸命やっていることで手助けしてくれる方が現れ、一人で成し遂げるよりもベストな結果を得られるという意味で使っています。

誰にも負けないこの強みを武器に、目標達成のために頑張ります!

次回は、こんな自分がどう歩んでいくとhappyになれるか、具体的なプランを立てて見ます。

仕事や日常生活など、全部ひっくるめて今よりもマイペースに自分らしく過ごせるように♩

難病 × 就労 実感した2つの問題点

会社勤めがキライ!(・Д・)

私は、免疫の過剰反応が起こるベーチェット病を抱えています。

www.catherine87.com

過度なストレスや疲労などで、免疫機能が暴走して、自分の体を傷つけるんです。

そのハンデを一体どれくらいの人が、受け入れてくれるんでしょう?

理解の度合いは、それぞれ差があって当たり前。

受け入れられるのが、当然とも思っていません。

ただ、働くという事に関して、「つら〜( ゚д゚)」って思うこともあります。

f:id:Catherine5thAvenue:20170619222002p:plain

 

つら〜な出来事1:立場

難病を抱える私たちは、障害者なのか、健常者なのか?

時と場合による

これが答えで、とても宙ぶらりん。

この話って私たち患者本人には非常に、困った話なんですよね。

だって、役所などは障害者とは認めてないから、減税などは受けられないけど、

仕事の面接などでは、健常者として扱ってはもらえないのです。

f:id:Catherine5thAvenue:20170619222241p:plain

障害者と難病患者の差

「障害者総合支援法」が施行されて、障害者の定義に難病等も追加されました。

www.mhlw.go.jp

 この制度によって、私も障害者と同様のサービスが受けられるようになった、らしい...

実感としては、本当に一部のことに限られているな、というのが感想です。

まず、具体的に言えば、

  • 税金
  • 公共交通機関の定期代
  • 携帯ショップでのサービス など

これらは、「障害者手帳」があると減額などのサービスが受けられます。

しかし、私が所持している「特定疾患受給者証」は対象外(o_o)

そして、世間の周知度で言えば、「障害者さん」という言葉はかなり認識されていると思います。

しかし、「難病患者」という言葉はあまり聞かないですよね?(^_^;)

また、就労面では障害者雇用において、事業所ごとの法定雇用率2.0%が制定されましたが、これについても障害者手帳を持っている人が対象。

雇用促進のため障害者求人というものがあり、その枠から応募すると通院などの配慮が受けやすくなるというメリットがあります。

しかし、私は対象外。

そのため、一般求人で応募するしかありません。

一応、障害者求人から応募はできるそうですが、企業側にメリットがないため、意味がない。

そこ!一番必要なんですけど!(p_q、)

結果、ただの扱いづらい人物という事で終わっている気がします。

f:id:Catherine5thAvenue:20170619222823p:plain

つら〜な出来事2:お手伝いさん

 体調も整ってきて、一般企業にフルタイムで働き始めました。

でも、やっぱり8時間労働が限界なので、定時上がりの了承を得て働いています。

ただ、それが会社の方から見ると「お手伝いさん」になっちゃう。

ちゃんと理由を聞いた訳ではないですが、やっぱり残業しないのが原因かなぁ?って。

社長からは生産性が高いって言葉をいただけたのですが、現場からすれば話はまた違うみたいで(;ω;)

確かに「残業」という形では協力できていないのは事実なのでそう言われても仕方ないかも仕方ないかもしれないですね...

もちろん、協力できないことに後ろめたさを感じるので、段取り考えて、めっちゃ高速で仕事します。

だけど、結局のところ時間が全て。

みんなが残っている時に、一緒に残れるか。

チームとはそういうもの、ですよね?(・Д・)

f:id:Catherine5thAvenue:20170619223216p:plain 

まとめ

難病もだんだんと周知はされているのかな?

難病とか、ベーチェット病って響きが知らない人にしたら、恐ろしいですよね(苦笑)

未だに障害者という枠にも入れず、健常者の扱いもされず、宙ぶらりんの状態💦

ホントに、大変な事も多いです( ;∀;)

人よりもちょっとデリケートにできているので、その部分をカバーさえしてもらえれば、貢献できることだってあるはず。

ただ法改正や、周りが理解してくれるのは待ちません!

私にしかできないスキルを磨く事で、病気の事関係なく「わたし」を受け入れてもらうことにしました。

自分にしかできない何かで勝負する!

これってベーチェット病じゃなくても、現代を生き抜くために必要なことだと思います(^ω^)