人生レベル28!弱みと強みを改めて見直して見えてきた「これが私の生きる道」第二弾

前回の第一弾の記事では、同僚から見た私を中心に改めて自分を見つめ直しました。

 

catherine5thavenue.hatenablog.com

第二弾となる今回の記事は、自分の弱みにフォーカスを当てつつ、具体的にどうこれから生きていくのか?という少しスケールの大きなテーマを考えてみようと思います。

難病を抱えながら生きていくのは、決して楽なことではありません。

だからこそ今、誰よりも真剣に自分の生きる道を考える必要があると思いました!

一度きりの人生を最高にhappyに過ごすために、あなたならどう生きていきますか?

 

 

自分の弱さをポジティブに考えてみた(笑)

人間誰しもウィークポイントはあるでしょ!?ってことで開き直ってみました。

せっかち・短気・すぐ諦める

最悪ですね(爆笑)

でも、これのおかげで結構仕事のスピード感が、早くなっているというところがあります。

知識とスキルを向上させて、いかに効率よくこなせるかを課題にしたいです。

 物覚えが悪い

知識のある方の学習方法を真似て、効率良く学ぶことは善だと考えています。その方が、私の場合挫折する可能性が低くなります😊

ペースは早くないかもしれませんが、好きな事なら「食べること」や「寝ること」と同様に毎日の習慣になるくらい没頭できます。

社交的じゃない・人付き合いが苦手

誰かといることはとても楽しいのですが、長い時間を共有するのは苦手です。

その代わり、一人の時間を過ごすのは好きで、何かに没頭したい時があります。今の仕事もそういう、性格から選びました。

打ち合わせなどで、コミュニティはちゃんとあるけど、作業自体は一人で黙々と専念できます。

そのスタイルがとても働きやすいです😄

今までは、一人の時間をデザインの情報収集にあてていましたがこれからは、プログラミングの勉強をしていこうと思います。

結構テキトー

「ま、いいや〜」「うーん、知らんけど〜」ってよく言うらしいです😅

仕事で細かいところまで気を使って見る分、プライベートはゆるゆるです。

それでバランスとってるってことでOKにしました!(笑)

病気のため、行動が制限される

最近、勉強したくて夜更かしを続けていたら案の定、体調を崩しました(ー_ー;)

私には、動ける時間や容量がかなり厳しめに設定されているようです(笑)

なので、「効率化」を重点に生活するようになりました。

f:id:Catherine5thAvenue:20170226144001p:plain

 

 

強みと弱みを活かしたワーキングスタイル

仕事は私の生きる基盤です。お金のためだけではありません。仕事の内容や働き方に目標があり、地道に目標達成に近づいています。 

実はコンサルを受けているんですが、この先の具体的なプランを提案いただきました!

  • 2017年2月
    ブログでプログラミング系の発信をしながらスキルを高める
  • 2017年5月
    職場で自分のやりたいことができるポジションにつく
  • 2017年8月
    難病患者や収入に困ってる人にプログラミングを教えて月にお金を2万稼ぐ
  • 2018年2月
    スキルを高め、プログラミング系の案件を自分で獲得出来るようになる

まずはプログラミングスキルを身につけ、今より質の高い業務内容をこなそうと思います。

 今の会社はスキルさえ身につけば、自ら手を上げて仕事の幅を広げることができます。

なので、学習したことが実務として反映できるため、どんどん経験が積めるし新たな課題も見つかります。

「人に教える」ということは、全く考えていませんでした。でも、もし人の助けになるのならそんな嬉しいことはありません。

そうなれるように、プログラミングの基礎からしっかり理解しながら習得します!

f:id:Catherine5thAvenue:20170226143501p:plain

 

 

最終目標は、自分で仕事を獲得する

会社員のネックは「時間」です。

ベーチェット病は体調に波があります。元気な時に働いた方が私も楽だし、仕事のパフォーマンスとしても絶対に良いと思うのです。

そして、長時間の労働が難しいため、時間では稼げません。

だからプログラミングという武器を身につけて、自分の市場価値を上げ、「スキル」を購入してもらおうと考えました。

これなら、今努力している「効率化」をさらに極めることで時間単価のUPに繋がります。

目標達成の第一歩として、2017年5月の目標を達成しなければスタート地点に立てません。

そのために、現在行なっているProgate(プロゲート)を使った独学を続け、知識の基盤を作ります。ある程度知識がついてきたら、何かしら実績を作り、会社にアピールしようと思います。

会社で実務に携われれば 、実務レベルのスキルがつきます。

まずは、会社の中で仕事を獲得できるように、がんばります。

決して簡単なことではありませんが、努力するしかありません。努力の大変さより、このまま働きづらさを感じて生きる方がよっぽど大変です。

それは、自己実現につながるので人生の満足感も得られると思います。

f:id:Catherine5thAvenue:20170226143600p:plain

 

 

ベーチェット病を抱えたからこそ

私がここまで一生懸命になれたのは、難病であるベーチェット病になったからです。

症状は軽度ですが、それでも生きづらい。

健康の時と同じ生き方をしていては、潰れてしまう。。でもそれまでの生活を変えることもしたくない。

難病になってからずっと「技術者となって、技術で稼がなければ」と考えていました。

元々中学生の頃に、起業家になろうという夢を持ちました。大人になるにつれて忘れかけていましたが、24歳でベーチェット病になったことがきっかけで「働きやすい環境を訴えるよりも、自分で作ろう」と決めました😊

決して病気になってよかったとは思いません。でも、少なからず抱えている難病が現在の私の原動力になっているのは事実です。

まだまだ私の目標は、スタートしたばかりです。ゆっくりでも自分のできる範囲内でコツコツ頑張るつもりです。

応援宜しくお願いします!